水虫はお風呂でうつる?

水虫の原因になる白癬菌は湿った場所で繁殖しやすいため、お風呂の中でも感染する可能性があるのではないかと考えます。白癬菌は湿った場所で繁殖しやすいのですが、お風呂の湯船は水中なので白癬菌は流されてしまうため、お風呂では水虫にうつることはありません。お風呂で水虫がうつったということもありますが、それは入浴中ではなく、お風呂から出た後のバスマットなどから感染しているのです。白癬菌はカビの菌でケラチンが多くある場所を好み皮膚から入ってきます。これが足に感染すると足白癬になります。白癬菌が好む場所や繁殖しやすい場所は、湿度が高く湿気が多い場所や汗をかいている場所などです。お風呂で注意が必要な所はバスマットです。水虫に感染している人が使ったバスマットを使用すると感染する可能性が高くなるため、感染している場合は他の人と使用するバスマットをわける必要はあります。水虫に感染しないための洗い方もあります。お湯で足の汚れを落とし、石鹸をしっかりと泡立てて綺麗に洗いお湯で洗い流します。最後は清潔なタオルなどで拭いて乾燥させます。洗い方は通常に行なっている方法ですが、ポイントは石鹸は刺激の少ない石鹸を使用し、ナイロン製のタオルや軽石などは使用せずタオルや手などで優しく洗います。ナイロン製のタオルなどで洗うと肌や皮膚を傷つけてしまい、そこから白癬菌が侵入する恐れがあります。バスマットは水虫に感染している人とは異なるバスマットを使用し、白癬菌は湿った場所で繁殖するため足を乾燥させることが大切です。水虫はお風呂の入浴では感染しませんが、感染した人が使ったバスマットを一緒に使用することで感染することはあります。白癬菌は湿った場所を好むため、感染しないためにも足は清潔にして乾燥させることがポイントです。

家族の水虫は100%うつるのか

家族に水虫を発症している人がいるということになると、ほとんどの人は「自分にも感染するのではないか」として心配をすることになります。そして発症している側としても家族に感染をさせたいとは思わないはずですから、時にはお互い気まずい思いをしてしまうこともあるでしょう。ですが「家族の水虫は100%うつるのか」という疑問に対しては「100%とは言えず、しっかり予防すれば感染は十分防げる」ということが答えになります。まずそもそも水虫がどうしてうつるのかというと、これは水虫患者の足などに存在する白癬菌がタオルなどに付着して、水虫を発症していない人に感染することが理由です。つまり「白癬菌をうつす」ということを防ぐことが出来たのであれば、水虫が感染することはあり得ないわけです。では実際に感染を防ぐにはどうすれば良いのかというと、基本的には足拭きマットやバスタオルなどを兼用しないようにすることが重要です。足拭きマットにせよバスタオルにせよ、人の皮膚をこするようにして使われるものには白癬菌が付着しやすいです。それを家族で使いまわすということになると白癬菌の感染が広がる可能性が非常に大きくなってしまいます。またもう一つ心得ておきたいのが、毎日しっかりと足を洗うことです。白癬菌は皮膚に付着してもすぐに水虫になるわけではなく、実際に症状が出るまでには白癬菌が皮膚に定着し、繁殖するというプロセスが必要になります。ですが皮膚に定着する前にせっけんを使って足を洗うと白癬菌は洗い流すことが出来ますから、家族全員がしっかり足を洗うように心がけていれば感染は大部分が防げるのです。重要なのはタオルや足拭きマットを使い分けること、そしてしっかりと足の清潔を保つことです。家族に水虫を発症した人がいる場合は、こうしたポイントを注意してさらなる感染を未然に防ぐようにしましょう。

靴下は水虫の予防にならない?!

水虫を治すための薬には、様々な種類があります。各々に特徴と、正しい使い方があるので、使用前にしっかりと確認するようにしてください。数ある水虫 薬の中で、多くの方に人気があるのが、液剤のタイプです。液剤の薬は、塗布してもすぐに乾くため、つけ心地が良好です。ただし、乾きやすいということは、患部に浸透しにくいとも言えます。そのため、使用時には患部に対し、広く伸ばすということが求められます。多くの製品にノズルが付随していますが、ノズルが付随していない場合には、綿棒もしくはコットンを用いて、少量ずつ伸ばすように塗布していきましょう。このタイプは、アルコールが原料として含まれているので、著しく症状が悪化している場合は、使用することは厳禁です。
次に、クリーム剤の利用者が多いです。水虫と診断されると、多くの患者に対し、クリーム剤が配布されることになります。大きな特徴は、患部に有効成分が長時間留まることが挙げられます。しかも、浸透率が高いので、効率的に治癒させることができます。少しの量でも、高い効果が得られるので、塗り過ぎないように注意しなければなりません。直接、指の先で薬剤をすくい取り、水虫により炎症が起きている部分に対し、広く薄く塗ることが求められます。症状の緩和が確認された後でも、一週間に一度程度足の裏全体に対して塗り込むことで、白癬菌の増加を予防できます。また、他の薬よりも使用率が低いものの、使いやすい物として、軟膏があります。軟膏は、他の薬に比べるとベタつきやすいので、使用されることが少ないです。ただし、刺激が少ないので、症状が重症化している場合でも、痛みを感じることなく、塗り込むことができます。

■水虫を撃退できます
ニゾラールクリーム
テルビナフィン