英語でアスリートフットは水虫で免疫を上げる食材

水虫は英語でアスリートフットと言います。英語で言うと少々格好良く聞こえますが、水虫は全世界共通のものとも言えます。また、英語でアスリートフットと言われる水虫は糖尿病がある場合には怖い疾患でもあります。水虫は健康であれば危険な病気とは考えにくい疾患ですが、糖尿病の場合、水虫がもとになり足を失うケースも少なくありません。ちょっとした皮膚疾患で糖尿病を患っている場合は糖尿病性壊疽になる可能性があります。
水虫の原因は白癬菌です。白癬菌は繁殖すると皮膚に傷やただれなどを起こします。その傷などにバイ菌や雑菌などが付着すると糖尿病で抵抗力が低くなっている場合には炎症や化膿を起こして、化膿範囲も広がっていきます。糖尿病を患っていて水虫ができた場合にはつぶしたり掻くことはせず、自己判断で市販の薬などを使用すると壊疽を進行させる危険もあります。この場合には糖尿病性壊疽の治療を行なっている専門の皮膚科を早急に受診して治療を受けることが必要です。
糖尿病性壊疽の予防は、足を清潔に保ち正しい靴を選ぶことです。足は朝夕に石鹸を泡立てて優しく指の間まで丁寧に洗い、小さな傷や異変がないかも確認します。靴は柔らかく圧迫せずに大きすぎない靴が最適です。靴を連続して履き続けると湿気がこもる原因になるため2~3足をローテーションします。
糖尿病を患っている場合免疫力が低下しているため水虫などに感染しやすく、健康でも免疫力が低下すると感染します。免疫力を上げるには睡眠を十分にとったり免疫力を上げる食材を摂取することが大切です。
免疫力を上げる食材はビタミンCが含まれる食材です。ビタミンCは体調を整えて病気の予防にもなり、コラーゲンの同性に関わり保湿力を高めて皮膚に関する美容や健康にも影響します。ビタミンCを多く含む食材には野菜が果物の大部分が当てはまります。特にミカンなどの柑橘類やリンゴなどを摂取すると良いです。