水虫はこんな場所でうつる!の掲載記事一覧

  • リポバスを用いた水虫の治療方法を検索

    しっかりとケアしてるのにも関わらず、水虫が治らないという場合には、リポバスを用いたケアの仕方を誤っている可能性が高いです。 リポバスを使用し、正しい方法で治癒を目指すためには、水虫の実態について検索し、詳細を知る必要があります。 水虫は、特定の人にのみ生じる病気と考えられがちですが、誰にでも起こり得る症状です。 正確な治療方法を検索し、対策を講じなければ、あっという間に周囲の人々に広まります。 そのため、水虫の実態に合わせて、正確な対策法を検索し、理解することで、早急に完治することを目指しましょう。 水虫を、しっかりと治療するためには、まず仕組みを知ることが重要です。 仕組みを知らなければ、なぜリポバスが水虫に効果的であるのかも理解できません。 検索せず、実態を把握しないまま、リポバスを使用して治療を開始したとしても、症状は収まります。 しかし、収まった症状は一時的なもので、根本的な解決には至りません。 つまり、根本的な解決にはなっていないので、すぐに水虫特有の痒みに襲われることになります。 そこで、頭に入れておくべきことが、白癬菌の存在です。 白癬菌は、根本的な解決を図らない限り、増え続ける性質があるという事を念頭に置いておきましょう。 リポバスを使用しても、一向に治らない方が多いので、一度発症すると、治癒させることができない病気であると考えられがちです。 ところが、解決できないという方は、白癬菌によって引き起こされている事実を知らない可能性が高いです。 これまでは、たとえ専門家であっても、水虫の実態を理解している方が少なかったので、治癒させられたら大発見と言われてきました。 ところが、現在では検索すると、治癒に向けた対策法が、たくさん出てきます。
  • 英語でアスリートフットは水虫で免疫を上げる食材

    水虫は英語でアスリートフットと言います。英語で言うと少々格好良く聞こえますが、水虫は全世界共通のものとも言えます。また、英語でアスリートフットと言われる水虫は糖尿病がある場合には怖い疾患でもあります。水虫は健康であれば危険な病気とは考えにくい疾患ですが、糖尿病の場合、水虫がもとになり足を失うケースも少なくありません。ちょっとした皮膚疾患で糖尿病を患っている場合は糖尿病性壊疽になる可能性があります。 水虫の原因は白癬菌です。白癬菌は繁殖すると皮膚に傷やただれなどを起こします。その傷などにバイ菌や雑菌などが付着すると糖尿病で抵抗力が低くなっている場合には炎症や化膿を起こして、化膿範囲も広がっていきます。糖尿病を患っていて水虫ができた場合にはつぶしたり掻くことはせず、自己判断で市販の薬などを使用すると壊疽を進行させる危険もあります。この場合には糖尿病性壊疽の治療を行なっている専門の皮膚科を早急に受診して治療を受けることが必要です。 糖尿病性壊疽の予防は、足を清潔に保ち正しい靴を選ぶことです。足は朝夕に石鹸を泡立てて優しく指の間まで丁寧に洗い、小さな傷や異変がないかも確認します。靴は柔らかく圧迫せずに大きすぎない靴が最適です。靴を連続して履き続けると湿気がこもる原因になるため2~3足をローテーションします。 糖尿病を患っている場合免疫力が低下しているため水虫などに感染しやすく、健康でも免疫力が低下すると感染します。免疫力を上げるには睡眠を十分にとったり免疫力を上げる食材を摂取することが大切です。 免疫力を上げる食材はビタミンCが含まれる食材です。ビタミンCは体調を整えて病気の予防にもなり、コラーゲンの同性に関わり保湿力を高めて皮膚に関する美容や健康にも影響します。ビタミンCを多く含む食材には野菜が果物の大部分が当てはまります。特にミカンなどの柑橘類やリンゴなどを摂取すると良いです。
  • 伝染性皮膚病の1つ水虫~初期症状~

    伝染性の病気は数多くあります。 冬に発症しやすいインフルエンザやノロウイルスも、伝染性の病気の1つです。 また皮膚に発症する伝染性の病気としては、水虫が有名です。 水虫は白癬菌というカビの1種に感染する事で起こります。 皮膚の角質層に感染を広げるのが特徴です。 1度、白癬菌に感染してしまうと、自然と治る事はありません。 ですので水虫になってしまったら、早めに治療を受ける事が大切です。 症状が重くなってから治療を始めると、白癬菌は角質の奥深くにまで入り込んでしまっています。 こうなってしまうと、完治までに時間がかかってしまうのです。 早めに治療を受ければ3カ月程度で治りますが、放置してから治療を始めると1年以上かかっても、治らないというケースもあるようです。 治療を素早く始めるには、水虫の初期症状を知っておく事がお勧めです。 どのような初期症状が起こるのか、事前に知っておけば対処も早まります。 白癬菌は皮膚に含まれるケラチンという、タンパク質をエサとします。 皮膚に付着した後はケラチナーゼという酵素を分泌し、ケラチンを溶かしながら角質層に入り込んでいくのです。 最初はまったく症状を感じなくても、ケラチンが溶かされる事により徐々に痒みを覚えるようになります。 自覚できる初期症状としては、まず痒みが最初にやってきます。 この時点で治療を開始すれば、角質層の比較的浅い部分に白癬菌は感染しているので、治療もスムーズに進むでしょう。 感染が広がると皮膚がジュクジュクと剥ける、小さな水疱ができるといった症状が現れます。 水虫は気が付いた時が治療の初め時です。 水虫は恥ずかしいと感じ、受診を受けない方も少なくありませんが、早め早めの治療を受けましょう。
  • 足の発赤は水虫かも?原因はスリッパの共用にあり

    足の指の間に発赤があったり、痒みがあったり、皮がむけてきた…これらの症状は水虫に感染しているのが原因かもしれません。 水虫の特徴は、発赤、痒み、皮がむける、小さな水ぶくれができるなどが多いのですが、感染した場所によってはかゆみなどの症状が出ないことがあります。また、水虫の原因菌である白癬菌が足以外のところに感染すると、いんきんたむし、ぜにたむしと呼ばれます。発赤と痒みが主な症状のため、虫刺されやかぶれなどと混同して放置されてしまいがちですが、水虫と同様に原因となる白癬菌はカビの一種のため、抗真菌薬の使用を行わなければいつまでも症状が継続してしまったりします。また、水虫に触れた手で自分や家族に触れることで感染が広がってしまうこともあり、特に同居している家族の中に1人でも感染者がいると、あっという間に家族みんなが感染してしまうこともあるのです。 家族感の感染では、家の中で使うものを共有していることが原因の場合が多くあります。特にスリッパなど、患部が直接触れる可能性が高いものを共有していると、感染する確率は上がります。お風呂場の足ふきマットなども主な感染源の一つです。また、スリッパを使わないで歩く部屋の中でも素足のままで歩いていると感染してしまいやすくなります。自分の使用するスリッパを決めておく、足ふきマットは別にする、床をこまめに掃除したり、素足で歩かないようにするなどの対策をとるようにしましょう。万が一白癬菌が肌についたとしても、足の角質に根を張って感染するまで24時間かかると言われています。そのため、お風呂に入ったらしっかりと足を洗浄することで、家庭内での感染を防ぐことは可能になります。
  • 爪水虫の原因と対策と爪を削るのは危険

    足の爪ががたがたになったり、白や黒になってしまうけれど痛みがない、さらに厚くなって爪を切るとボロボロになる。こんな症状になっている人は、爪水虫になっているのかもしれません。 爪水虫とは、水虫の原因菌となる白癬菌が爪に感染してしまっているもので、重症の水虫とも言われています。原因は水虫を放置しておいたことにあり、他にもかかとの角質の肥大なども同じく重症になってしまうとみられる症状の一つです。爪に感染してしまうと簡単に治らなくなってしまい、通常の水虫でも数か月と言われる治療期間が、10ヶ月~1年という長期での治療が必要となってしまいます。これは爪の色が変わってしまった場所や肥厚してしまった場所に白癬菌が潜んでいることが原因のため、気の長い治療が必要となってきます。 治療法としては、病院で内服薬と外用薬をもらい使用し続けます。爪が綺麗になるまで続けなければならないため、長い人では1年程度の使用が必要となります。しかしそれが面倒で爪を削るという人もいますが、削ることはとても危険です。正常な爪と白癬菌に侵された爪の境目が素人にはわかりにくいため、出血したり神経を傷つけてしまう可能性があるためです。また、削ったものの処理を怠れば、家族にも感染を広げてしまう可能性があります。爪を削る場合には、軽く削るように心がけましょう。 また、原因となる水虫の治療も一緒に行わなければ、どれだけ症状が改善しても再び感染してしまう可能性があります。爪と足、両方の対策を行わなければなりませんが、こんな場合にも病院で処方された内服薬を服用すれば一度にどちらも治療ができるため、簡単だというメリットもあります。恥ずかしがらずにまずは病院へ行くようにしましょう。 内服薬タイプの水虫治療薬であれば、ラミシールを処方されることが多いです。水虫は長期的に渡り治療を続けなければ完治しないことがほとんどです。その分だけ薬代がかさんでしまいますが、例えばラミシールを使い続けることがわかっていたらそれを通販でまとめ買いしておくというのはいかがでしょうか?毎回病院へ行く手間も省けますし、何より通販で買うほうが値段が安いので薬代の節約にも繋がります。 ラミシールを購入したい方はこちらへ→
  • タケダの水虫薬で治らなかったら皮膚科で治療しよう

    タケダ薬品は日本人であれば、誰でも知っていると言っても過言では無い程、有名な医薬品メーカーの1つです。 風邪薬や胃腸薬など身近な薬を製造・販売している他、武田薬品では水虫の治療薬も手掛けています。 タケダ薬品の水虫薬はエアゾール式です。 エアゾール式はボタンを押し、ノズルから薬剤を患部に直接吹きかけるタイプとなっています。 クリームや軟膏タイプは塗る際に手が汚れてしまいますが、エアゾールタイプであれば汚さずにつける事が可能です。 また、患部に薬剤をつけやすい点もエアゾール式のメリットです。 タケダ薬品の水虫薬には、ブテナフィン塩酸塩という有効成分が含まれています。 ブテナフィン塩酸塩は水虫の原因である、白癬菌に効く成分です。 医療機関で処方される薬にも含まれている成分ですので、その効果は絶大です。 ブテナフィン塩酸塩の他にも炎症を鎮める作用のある、グリチルレチン酸などの成分が含まれています。 ただ、市販薬は医療機関で処方される外用薬と比較すると、有効成分の含有量が少ない為、頑固な水虫の場合なかなか治らないというケースも少なくありません。 市販薬でケアしても治らないという場合は、皮膚科で治療を受けましょう。 皮膚科では抗真菌薬による治療が行われます。 抗真菌成分を配合した外用薬を患部に塗り、白癬菌を除菌するのです。 病院で処方される外用薬は、抗真菌成分の含有量が多いので、すぐに辛い症状を緩和してくれます。 ですが、症状が出なくなっても白癬菌は、皮膚の角質層部分に潜んでいるので、しっかり外用薬を塗り続けましょう。 一般的に症状が出なくなってからも、1ヶ月から2カ月程度、治療を続ける必要があります。 水虫治療は長い時間がかかりますが、根気よく続ければ完治できる皮膚病です。
  • グリーンネイルと水虫へのドクターフィッシュの効果

    ネイルを楽しむ人が増えているのに比例して、トラブルも多くなってきています。そのトラブルのひとつがグリーンネイルと呼ばれる症状です。自己流につけ爪を繰り返して装着したり、人工爪が浮き上がるのを放置してしまうことで隙間が生じてそこから緑膿菌が繁殖してしまうことで爪が緑に変色してしまいます。 グリーンネイルは水虫の一種ですので、皮膚科での治療が必要となります。人に感染しやすい症状のためしっかり治療して行くことが大切です。 そんな水虫治療にスーパー銭湯や水族館などで行なわれているフィッシュセラピー、人の角質を食べてくれるドクターフィッシュに角質を食べてもらって綺麗にするという方法です。 ドクターフィッシュとはコイ科のガラ・ルファという魚です。アジア西部に生息する淡水魚で、人の皮膚を齧って食べる習性があり、古い角質を除去することが期待されます。ドイツやトルコではドクターフィッシュセラピーとして、アトピーや皮膚炎の改善に使われており、魚の角質を食べる感覚が刺激となってマッサージ効果を得られリラックスすることができます。角質を除去することやマッサージ効果などによって、皮膚の代謝を促進して皮膚病に効果があるとされています。 しかし、あくまでもドクターフィッシュは角質を食べるだけのため、菌が原因である水虫には効果がないといわれています。 グリーンネイルを改善するにはきちんと病院に行って治療をし、つけ爪などは浮かないようにして、爪が乾燥しないようにハンドクリームで潤いを与えて、ネイルサロンでしっかり治してもらう、隙間に水が溜まらないように水を使った後は綺麗に手を拭いて乾燥状態を保つ、きちんとケアをして、きちんとしたサロンを選び、自分で行ない場合には道具の清潔を保つことが大切です。